<

*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルレポ7
ランチへ出掛けてちょっと元気になったmasaです(*^.^*)エヘッ
さてさていよいよソウルレポもビョンホンssiの足跡を辿ります。
長いですが頑張って読んでね^^


ビョンホンの足跡を訪ねて


2日目 その1

2日目の朝、9:00に予約しておいたガイドさんが迎えに来てくれる。
その前に、ホテルの中を散策。

リッツカールトンHは、「美日々」の中では、音楽協会(?)の総会、1回目のプロポーズ、ミンチョル破壊行為の3回登場する。
まずは、スイートルームへ上がるエレベーター。
エレベーターホールはロビーをはさんで2カ所ある。
撮影に使われたのは、私たちの部屋へ行くエレベーターではなく、フロントに向かって右手にあるもの。
ピカソの大きな絵が飾ってあり、飴色の板壁が綺麗だ。もちろん、エレベーターの中も飴色の板張り。
置いてあるいすに腰掛けたら、エレベーターホールじゃないみたいに感じる。

音楽協会総会では、大きな吹き抜けのあるエスカレーターからミンチョル達が上がってくる。
ここは地下2階(3階?)から地上2階まで吹き抜けになっている。
下をのぞき込むと、「深い」といった感じがした。

9:00丁度に、ガイドのイさんが来てくれた。
早速、今日の行程を確認して出発。
最初に行くところは個人的なことなので省略しますが、行く途中に面白い光景を目にした。
ソウルから少し離れた片側4車線ぐらいの大きな道路を走っていたら、橋の欄干にみかん箱とレジ袋に入ったみかんが4~5個並べておいてある。
イさんに、「あれは何ですか?」と聞くと、「みかんを売っているのです。」と教えてくれたが、こんな所でみかんを売る?と疑問を持った。
運良く(?)信号で止まったら、大きな交差点の安全地帯のようなところにトラックを止めて、みかんを売っているおじさん発見。
イさんは、早速窓から顔を出し、おじさんと交渉。袋入りを買おうとして、‘もっとサービスして’といった会話だったのか、2~3個余分にもらっていた。
それを私たちに1個ずつ渡してくれたが、そのみかんはとっても美味しい“デコポン”だった。
しかし、あんな所で商売して、危なくないのかしら?といった場所だった。
リッツ~~ワーオ!




つづき その2
次は、江南エリアに戻って「BH Entertainment」(新沙洞)へ。
ガイドさんは「僕は一緒に行けないから、二人で行ってきてください。」と場所を教えてくれた。
目当てのビルに来たが、入口だと思って入ったら警備のおじさんがいたので、
「ビョンオンッシエ サムシレ カゴシップンデヨ.」と聞いたら、ここではなく、反対側の入口から入るように指さしてくれた。
カフェを挟んで反対側の入口を入ると、シースルーのエレベーターがあり、ドキドキしながら[3]のボタンを押す。
3階フロアーに入るガラスのドアには 「ここは他社も入っているので、写真撮影はご遠慮下さい。BH Entertainment」といった内容の張り紙がしてあった。
しかし、事務所の入口には鍵がかかっていて、ベルを押しても誰も出てこない。
どうしようかと考えていたら、おばあちゃん二人と孫娘といった感じの日本人が、女性ガイドさんと一緒に来た。
「閉まっているんですよ。」と言ったら、若い女性が写真を撮ろうとしたので、「ここに、“写真を撮らないでください”と書いてあるでしょ!」と、思わず叱ってしまった。(オバサンは怖いよ。)
最後にもう一度ベルを押したら、他社の女性スタッフが出てきてくれた。
「ビョンオンッシヌン イミ プサンネ カショッソヨ?(ビョンホンさんは、もうプサンヘ行かれましたか?)」と聞くと、
もうみんな出かけて、事務所には誰もいない事を教えてくれた。
(釜山の空港へ着いた映像には、ソンさん、チャーリーさん、キムさん達、みんな写っていたものね。)
手作りペーパーバッグに入れたプレゼントとカードを持って行ったので、「イゴスル ビョンオンッシエゲ コンネジュセヨ.(これをビョンホンさんに渡してください)」と図々しくお願いしたら、「ネェ」と言ってBH事務所に持って行ってくれた。
「カムサムニダ」と丁寧にお礼を言って、事務所を後にした。
ありがとう!優しい他社のお姉さん。
しかし、「BH Entertainment」には事務員さんはいないのか?

事務所からは、同じく新沙洞にある「Bon Nuvel」へ。
プリンセスH1階にあるこのお店は、「ビョンホンの好きなメロンパン」を売っているお店。
11:30頃行ったのだが、すでにメロンパンは売り切れ。(きっとビョンホンファンが買い占めて行ったのよ、と考えてしまった。)
カマンベールチーズの入ったハード系のパンを、明日の朝食用に買う。(このパン、チーズがいっぱい入っていて、美味しかったです。)
他にお土産にと、チョコレートの小箱を買ったら、「これはエルメス?」と思うようなオレンジの紙袋に入れてくれた。
(しかしこの後、この紙袋を持って歩かなくてはならない羽目に遭う。)
このお店のシェフは、日本の製菓学校を卒業された方だった。

事務所





つづき その3
時間が12:00前だったが、昼食の前にナレの家に行くことにした。
車を止めた場所から、ハアハア言いながら坂道と急な石段を登ってたどり着いたのが、公園のそば鉄階段に降りるところ。
そう、道路を挟んで反対側から上がってきたのだ。
しかしそこは、ドラマのまんま。何故か懐かしい気持ちになってしまった。
イさんが今から行くと電話をかけてくれて、いよいよナレの家に入る。‥が、そこにも急な階段が。
ミンチョル、ヨンス、ナレ、セナみんなこの階段を上がったのね。(あれ?一人欠けている?)
坂道を登って息があがっていたのに、とどめのこの階段では死にそうな思いをした。
(ナレの家の持ち主もイさん。今回“イさん”つながりです。)

玄関を入ると、廊下の両側に所狭しと「美日々」やビョンホン、ジウちゃん等の写真が貼られていた。
早速屋上に出ると、目の前には見慣れた高層アパート、江南エリアと漢江、オクスドン(玉水洞)駅が見える。
そして、ベンチプレスの台、ヨンスが倒れた甕(カメ)が置いてある所、階段出入り口に使われて倉庫がそのまま残っていた。
甕の並ぶ場所から下を覗いてみる。斜め下にはあの階段が、少し遠くにはミンチョルが車を止め、ヨンスを見ていた道路が見えた。
しかし、こんな狭い場所でよく撮影が出来たね、機材やスタッフが入ったら狭くてたまらなかったのではと思うほどそこは狭い場所だった。
(撮影後、家を少し増築されたのかな?どうなんだろう)
20話でミンチョルとヨンスが座ったベンチに腰掛け、記念撮影。(ここに座ったんだムフ‥、あれ、私が座ったのはジウちゃんの方だった(>_<))
お家のお母さんが冷たい梅ジュースのような飲み物を出してくださった。暑い日だったので、とても美味しくいただいた。
そして、お嬢さんが写真を撮ってE-mailで送ってくれると言ったので、メルアドを渡して帰った。
(届いたのが、お花のフレームが付いたた写真と元画像)
帰る前に廊下にあるビョンホンの写真を見ながら、これはカンヌ、これは去年の百想‥‥とガイドのイさんに教えてあげると、「凄いですね!全部分かるんですね。」と驚いていた。
ナレの家の前で写真を撮り、公園に行くが、おじさんが座っていたので遠くから眺めて行く。
(ビョンホンが座ったところに座りたかったな)
鉄製の階段を降りて道を渡ると、ミンチョルが駆け上がった坂道がある。
21話では2人並んで歩いていたが、両側に手すりが付いていたのでとても狭く感じた。
(いや~、駆け上がるには結構きつい傾斜だった。30歳だから走れたのかも。今だとどうだろう?)
ナレの家


ここまででまだお昼です(笑)
ビョンホンssiの旅はもう少し続きます。。。乞うご期待^^

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

迷子になったよ
masaちゃん、こんにちは。
ちょっと留守して来たらまごついてしまった。
今日やっとちゃんと読めたけど。

BH旅のお話読むと即「美日々」モードになるね
頭の中で音楽も鳴るし。
これからDVD鑑賞、イナからミンチョルに更新する予定。
有難う~
プロフィール

masa

Author:masa
ビョンホンssiに恋をし最近彼は殿堂入り(*^^*)
「宮」を観てチュ・ジフン君にぞっこん(。-_-。)ノ(笑)
「アンティーク」の公開が楽しみです^^

御曹司が大好物( ̄∇+ ̄)vキラーン
韓ドラが大好き♪ヾ(≧▽≦)ノ 


masaブログバナー

インフォメーション
いつもお越しくださりありがとう
ございます。m(_ _"m)ペコリ
風邪などひかれませぬように
皆さん体調崩さないでね

近況報告等コメント欄・メールで
お知らせもOKよ!
(∪。∪) チュッ☆
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
オバハン日めくりカレンダー
最近のコメント
最近の記事
リンク
フリーエリア

FC2カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター

masaへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cafe clock
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。